秋澤優

1/2ページ
  • 2018.04.17

改名の手続き方法【秋澤優】

お久しぶりです。ご無沙汰してしまってすみません。今回は手続き上のお話になります。   実は3月6日をもって、僕は戸籍上の名前を変更しました。いわゆる改名というものです。改名した理由はいくつもあります。性別に違和感を抱いていること、様々な事情によりどうしても自分のことを戸籍上の名前であると思えなかったことなどです。ですが、裁判所の申立書に書いた理由は二つだけです。   1.通称名 […]

  • 2017.11.06

性虐待【秋澤優】

お久しぶりです。かなり間が空いてしまってすみません。   今回は、タイトルの通り性虐待について書きます。僕は当初「解離」という現象のために性虐待の記憶が消えていました。また、自分がされたことの意味を理解できていませんでした。ですが、最近になってようやっと「解離」によって欠けていた記憶を取り戻し、性虐待を性虐待として認識できるようになりました。僕が受けた性虐待は二つ。母の元恋人と、nさんと […]

  • 2017.07.05

被虐者の愛【秋澤優】

こんばんは。秋澤優です。 お久しぶりです。最近ジメジメした日が続きますね。さて、今回は虐待体験談を交えたコラムのようなものです。   僕は聴覚障害者ですが、現代の補聴器やその周辺機器の発展のおかげで音楽を聴くことができます。僕が好きなアーティストの歌の中には、虐待を唄った歌もあります。高橋優さんの「こどものうた」ではセクハラ先生や暴力ママについて歌っています。amazarashiの「自虐 […]

  • 2017.06.11

責任は何処に【秋澤優】

こんにちは。秋澤優です。 最近も安定の情緒不安定です。平常運転です。「死にたい」で頭が満たされているのもよくあることです。 さて今回は虐待体験そのものよりも、それを取り巻く問題や環境についてお話ししようと思います。 僕が、自分は虐待を受けていたのではないかと自覚したのは比較的遅かったのかもしれません。あれは忘れもしない2年前のこの時期、6月18日のことです。木曜日だったと思います。昼間の12時半。 […]

  • 2017.05.20

教師からの虐待【秋澤優】

こんにちは。秋澤優です。 実は昨日いきなり思い出したことがあり、これはすぐに書くべきだと思いましたので、少し急ですが書こうと思います。   今回は学校での虐待についてです。寮で僕に危害を加えてきた指導員の一部は老衰や病気で死に、殆どは既に退職していることでしょう。ですが、学校で危害を加えてきた教師はまだ若かったので今日も生きていて、どこかの学校に勤務していることでしょう。つまり、今この瞬 […]

  • 2017.05.11

Sたちの虐待【秋澤優】

お久しぶりです。秋澤優です。 最近は割合安定しているので、かなり間が空いてしまいましたが、虐待体験談の続きを書かせていただきます。 僕は両親が離婚してから約3ヶ月間の記憶が全くありません。「あのこと」(これは後に語るかもしれませんが今は詳細を伏せさせていただきます)をきっかけに色々なことがフラッシュバックし、思い出したくもないようなことを沢山思い出しました。それでも、その3ヶ月間のことだけは全く思 […]

  • 2017.04.20

心療内科難民のその後【秋澤優】

お久しぶりです。秋澤優です。   またしても間が空いてしまって申し訳ないです。しっかり虐待体験談を書かなくては、と思えば思うほど書きづらくなってしまいます。やはりTwitterで呟くのとは全く違っていて、その時のことをはっきりと思い浮かべながら詳細に書くというのはなかなか勇気が必要ですね。   今回は前回の心療内科難民の続きについて書きます。まだ虐待体験談の続きを書く勇気がなく […]

  • 2017.03.14

心療内科難民【秋澤優】

お久しぶりです。秋澤優です。かなり間が開いてしまって申し訳ないです。今回は虐待体験談ではなく、ここ最近の間に起きたことについて、お話しします。   まず、昨年末のことです。   うつでずっと寝込んでいました。診断書はないのですが、口頭で「うつ」と言われています。   それは年が明けてもあまり変わりませんでした。食欲も殆どなく、ただただずっと横たわっていました。立ってい […]

  • 2017.01.31

父からの虐待【秋澤優】

お久しぶりです。 今回は、6歳の時から受けていた父からの虐待についてお話しします。   僕の両親は、この前もお話しした通り僕が6歳になったばかりの頃、Sの自殺未遂が原因で離婚しました。そして父から暴言を浴びせられる日々が続きました。   ところがある日‪─母の日に、父が僕とSを会わせました。後になって理由を聞いたところ、「お前がSに会いたがったからだ」「お前がおかしくなったから […]

  • 2017.01.11

寮での虐待【秋澤優】

つい最近まであまりよく覚えていなかったのですが、これもよく考えたら虐待になるのだろうか?と思いましたので、投稿します。寮での虐待についてです。   僕は6歳の時、地方のとある聾学校の小学部に入学すると同時に寮に入れられました。当初の理由は、親が僕の面倒を見切れないから、ということでした。寮に入れられる時、父にはっきりそう言われたことがとても悲しかったのを覚えています。   その […]